公益財団法人 日本少年野球連盟

 

東日本ブロック

 

東北支部

 

岩手中部ボーイズ チーム規約

 

  1. 総則

 

 

 

  1. 【名称】

    本チームは「岩手中部ボーイズ」と称する。

  2. 【事務所】

 

チーム事務所(事務局)は矢巾町に置く。

 

 

 

  1. 目的及び事業

 

 

 

  1. 【目的】

    このチームは「公益財団 日本少年野球連盟」の規則に基づき、支部  の趣旨に則り、その目的及び事業を推進するため、チームの充実を常   に心掛け、次世代を担う少年の健全育成を図る事を目的とする。

  2. 【事業】

    前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

         1.連盟の目的及び支部の趣旨に沿った定款及び規約の遵守並びに品位保持の励行。

 

2.練習、対外親善試合、連盟主催の大会等の参加協力。

 

3.少年に適した正しい野球の指導とマナーの向上。

 

4.その他、前条の目的達成のために必要と認められた一切の業務。

 

 

 

第3章 選手

 

 

 

  1. 【入団資格】

    1.本チームへの加入資格は、岩手県内に在住する中学1年生から中学3年生までの少年とする。ただし、小学6年生は選手登録、大会出場はできないが、練習生として入団をすることができる。

    2.保護者がチーム規約に同意し、かつチーム運営に献身的に協力できる者を対象とする。

    .練習生としての活動期間は加入時期から翌年2月末までとする。

  2. 【入団手続】

 

本チームに入団しようとする者は、所定の加入申込書を提出し、入団金を納めた後に認められる。

 

入団金 5,000円

 

  1. 【会費等】

 

    本チームに加入した者は、会費を納入しなければならない。なお、病        

 

気、ケガによる休部の場合は、申し出により会費の徴収をしないものとする。

 

1.月会費 6,000円

 

ただし、兄弟姉妹がチームに所属している場合は、3,000円とする。

 

    2.練習生は加入月から3,000円とする。

 

    2.スポーツ安全保険は(年1回)は別途徴収する。

 

    3.遠征費用は別途徴収する。

 

    4.チーム道具または、チーム活動での費用は別途徴収することがある。

 

第8条 【事業参加】

 

    選手、保護者は本チームが行う行事に積極的に参加しなければならない。

 

第9条 【退団及び除名】

 

1.選手が退団しようとする時は、理由を付して代表対し退団届を提出しなければならない。

 

2.会費を故なくして滞納したとき又は、著しく本チームの規則に違反したときは、役員会の決議により除名させることができる。

 

3.選手の移籍については、連盟の規約に則り認める。

 

 

 

第4章 運営

 

 

 

10条【運営費】

 

    本チームの運営費は、入会金、会費及び寄付金、その他をもって充て 

 

    る。

 

11条【総会】

 

    1.総会は、通常年1回開催し、役員、指導者及び保護者をもって構成する。

 

    2.臨時総会は、役員、指導者及び保護者が都度必要と思われた時に開催の申し出ができることとする。

 

    3.総会の議長は、代表の指名によって決定する

 

 

 

12条【役員会】

 

    1.代表は、必要に応じて役員会を開催することができる。

 

    2.役員会の議長は、代表の指名によって決定する。

 

 

 

第5章 役員

 

 

 

13条 本チームに次の役員を置く。また、役員は、兼務することができる。

 

    代表       1名

 

    副代表     若干名

 

    事務局長     1名

 

    父母会会長    1名

 

    父母会副会長  若干名

 

    マネージャー  若干名

 

    審判部長     1名

 

    会計      若干名

 

    会計監事     1名

 

14条【役員の任務】

 

    1.代表は、チームを代表し全ての会務を統括する。

 

    2.副代表は、代表を補佐し、代表に事故のある場合はその職務を代行する。

 

    3.チーム責任者は、本チームの試合に関する統括を行う。

 

    4.事務局は、本チームの事務を行う。

 

    5.会計は、本チームの金銭出納管理及び財務に関する一切を行う。

 

    6.監事は、本チームの会計監査を行う。

 

    7.役員は、相互の連携を密にしチームの円滑な運営を図るために協力し合わなければならない。

 

15条【役員の選出】

 

1.代表は、役員会または総会において選出し、連盟の承認を受けなけ ればならない。

 

        2.その他の役員は、役員会によって選出し、総会で承認を受けたもののうちから代表が指名する。

 

16条【役員の解任】

 

    任期中の役員が本チームの名誉を毀損し、または主旨・目的に反して

 

    会務に不誠実な場合は、役員会の議決により解任することができる。

 

17条【顧問、相談役】

 

    1.役員会の承認を得て、顧問、相談役を置くことができる。

 

    2.顧問、相談役は役員会に出席して適切な指導助言を行う。

 

18条【指導部】

 

1.本チームに監督、コーチ及びマネージャーを置く。

 

2.監督及びコーチは、代表が指名し連盟登録を行うものとする。

 

 

 

19条【指導部の責務】

 

    本チームの指導部は、少年野球指導者及び一社会人として円満な人格          

 

    を形成し、見識を高めるため常に自己研鑽に努め、的確な指導を行わなければならない。

 

 

 

6章 会計

 

 

 

20条 本チームの会計期間は毎年1月1日から翌年12月31日までの1年間とする。

 

21条 入会金及び会費の額は、総会において決定する。

 

1.納入された入会金及び会費は、原則返還しないものとする。

 

22条 会費等の金銭出納管理者(会計)は、父母会から選出することとする。

 

23条 会計は、監事の会計監査を適正に受けた後、総会にて監査報告を行う。

 

 

 

第7章 補則

 

 

 

24条 本規約に定めのない事項については、総会を開催し協議して決定する。

 

25条 この規約は平成28年1月1日より施行する。